流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

鮮やかな濃緑が白いご飯にぴったり!祇園辻利のお茶漬け&ふりかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加


祇園辻利から、色鮮やかな茶葉の濃緑が白いご飯に映える新商品「抹茶お茶漬け ぱっぱ」と「碾茶ふりかけ ぱっぱ」が登場。9月9日(水)より同社各店舗と公式オンラインショップにて販売中だ。

こだわり素材の新商品


「抹茶お茶漬け ぱっぱ」と「碾茶ふりかけ ぱっぱ」は、いずれも同社が厳選した宇治茶の風味を引き立てる素材を組み合わせた新商品。


国内産水稲もち米、良質の国内産壬生菜、瀬戸内海産の焼き海苔、鳴門の焼塩、そして無添加の北海道産の粉末昆布。絶品の一膳を実現すべく、全ての素材をこだわり選び抜き、絶妙な配分で混ぜ合わせているのが特長だ。

お茶を存分に堪能しよう


両商品ともに、主役は石臼挽きの「抹茶」と、抹茶の原料となる「碾茶(てんちゃ)」。「碾茶」とは、お茶を摘む20日以上前から茶園に覆いをかぶせ、日光を遮って育てた新芽を蒸した後、揉まずに乾燥させ、茎や葉脈を除いた葉肉の部分で、抹茶の原料となるものだ。


また、日光を遮って育てる覆下園(おおいしたえん)で育った茶葉は、旨み成分である「テアニン」が多く含まれた茶葉となっている。


「抹茶お茶漬け ぱっぱ」は8g×3袋入り。


「碾茶ふりかけ ぱっぱ」は9g×3袋入りで、価格はいずれも702円(税込)。

古来より薬としても重宝されていたというお茶の効能。その茶葉をそのまま体に取り込む飲み物の代表格「抹茶」を、“ご飯のお供に”と誕生したという「祇園辻利」の「抹茶お茶漬け ぱっぱ」と「碾茶ふりかけ ぱっぱ」。食卓を彩るひとつに加えてみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事