流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

タリーズの公園店舗が名古屋にOPEN!「ビアンキ」コラボの“サイクルカフェ”

このエントリーをはてなブックマークに追加


名古屋の新しいシンボルとして9月18日(金)にオープンする「RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード ヒサヤオオドオリパーク)」内に、「タリーズコーヒー RAYARD Hisaya-odori Park店」がオープン!

イタリアの高級自転車メーカー「Bianchi(ビアンキ)」とコラボした“サイクルカフェ”として登場する。

名古屋初出店&2例目のサイクルカフェ

「RAYARD Hisaya-odori Park」は、公園や複数の店舗が一体となった新商業施設。同施設内に今回オープンする「タリーズコーヒー RAYARD Hisaya-odori Park店」は、「タリーズコーヒー」として6店舗目の公園店舗で、名古屋では初となる。


同店はイタリアの高級自転車メーカー「ビアンキ」とコラボし、自転車とカフェを融合させた“サイクルカフェ”としてオープン。「タリーズ」と「ビアンキ」のコラボは2018年オープンのプレイアトレ土浦に続いて2例目だ。

公園×自転車×カフェの融合


店内は、海外のガレージをイメージした開放的な空間で、「ビアンキ」のツールドフランス使用モデルの自転車や選手のサインジャージなどを展示しているほか、「ビアンキ」のイメージカラーである青緑色“チェレステカラー”を随所に採用。

また、テラスやバイクスタンド、ドッグポールも完備し、公園・自転車・カフェの融合を存分に楽しめる特別な場所となっている。

限定コラボグッズ販売やイベント開催も

さらに、ここでしか手に入らないドリンクやグッズが登場!


店舗限定ドリンクの「ヨーグルトスムージー マンゴー」<トールサイズ>680円(税抜)は、ヨーグルトと豆乳のスムージーでトロトロの食感が特徴だ。マンゴーの優しい甘さが味わえる。


また、限定ボトルとして「スタウト エア(ブラック)」1,900円(税抜)と、「バキュームフラスク ステム(シルバー)」4,000円(税抜)が登場。サイクリング時にはもちろん、アウトドアにもおすすめだ。

このほか、「ビアンキ」の新車お披露目会や自転車乗り方講座など、サイクルカフェならではのイベントも企画しているという。

公園を散策したり、サイクリングしたりしながら、カフェでくつろぎのひと時を過ごしてみては?

■「タリーズコーヒー RAYARD Hisaya-odori Park店」
住所:愛知県名古屋市中区丸の内三丁目18番11号先

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事