流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

「三原×台灣フェス」も!三原市の食を楽しむ「ミハラゴーマルシェ」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


10月3日(土)~12月13日(日)の期間、瀬戸内海エリアの観光型高速クルーザー「SEA SPICA/シースピカ」が運航する週末を中心に、三原の食材を使用した飲食ブースや、土産品・手作り品の販売ブースなどを集めたマルシェ「ミハラゴーマルシェ」が開催される。

瀬戸内の食材や土産などが集まるマルシェ

「ミハラゴーマルシェ」は、「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」にあわせて開催される、食のおもてなし事業。

10月18日・25日、11月15日・22日・29日、12月6日の日曜日には、瀬戸内の食材や土産などが集まるマルシェを開催。


また、10月3日(土)・4日(日)には「Hello!! SUNDAY MARKET」が開催され、食品や手作り品の販売などが行われる。

三原の食材で作る台湾料理!


11月1日(日)には、三原の食材を使った台湾料理が楽しめる「三原×台灣フェス」が開催。

茶葉の煮卵「茶葉蛋(チャーイエダン)」や、台湾バーガー「掛包/グアバオ」(2枚)、台湾肉みそご飯「滷肉飯/ルーローファン」、台湾おこわ「油飯/ヨウファン」、肉団子のスープ「貢丸湯/ゴンワンタン」など、三原市の食材で作る台湾メニューが楽しめる予定だ。

また「タピオカミルクティー」「パイナップルケーキ」「レモンオキョチー」「豆花」などスイーツメニューもラインアップの予定。

「台湾ビール立てゲーム」や「麻雀牌ビンゴ」などのゲーム体験も予定している。

スープやパンのマルシェ「パンとスープと・・・」

さらに12月13日(木)には、三原の食材を使用したスープやパンのマルシェ「パンとスープと・・・」が開催され、この期間「三原内港エリア」は食のイベントが目白押し!


イベント情報は、公式LINE @mihara-go-marcheをチェック。また友だち登録をした方の中から抽選で100名にオリジナルクリアファイルが当たるキャンペーン(現地渡し)も開催中なので、チェックしてみよう。

いずれも新型コロナウイルス感染症拡大防止策を取りながら実施されるので、来場の際は協力を。

■「三原内港エリア」
住所:広島県三原市城町3-1-1

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事