流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

信州伊那谷のアカマツを使用!気軽に持ち運べる“折り畳みチェア”が新登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


信州発のサスティナブル家具ブランド「pioneer plants(パイオニアプランツ)」から、「Owen’s Chair mini」が新登場!10月より、同社オンラインショップや取扱店にて発売される。

日本と世界の森をサスティナブルに!


日本は国土の約7割が森林という自然豊かな国だが、木材自給率は約36%と高くなく、約6割を海外の木に頼っているのが現状。そして、日本の森は手入れが行き届かず、どんどんと荒廃してしまっているという悪循環が生じている。

その反面、海外の森林は、行き過ぎた伐採によりどんどん森林が減少。実際に、1990年〜2015年の間に、日本の国土の約3.5個分の森林が失われてしまったという。

そんななか、“地域の木を地域で使うことが、日本の森づくりだけでなく、世界の森林保全にも繋がる”という考えから、家具ブランド「pioneer plants」が誕生した。

信州伊那谷のアカマツを使用


「pioneer plants」は、“家の中でも、森の中でも”をコンセプトに、どこへでも気軽に持ち運べるフィールドを選ばない“ポータブルファニチャー”。信州伊那谷のアカマツを使い、針葉樹の特徴である“軽さ”を最大限に活かした、女性でも片手で楽々と持ち運びができるデザインとなっている。

持ち運びやすく収納しやすい


今回発売の「Owen’s Chair mini」は、「Owen’s Chair」のハンモックに座っているような座り心地はそのままに、よりコンパクトな仕様となった新商品。


さらに持ち運びがしやすくなり、折り畳み式になっているため、収納時もほとんど場所を取らない。

ラインアップは、「ナイロン」27,000円(税抜)と、「コットン」28,000円(税抜)の2種類。カラーは「ナイロン」が<グリーン><ベージュ><ブラック>、「コットン」が<キナリ><スミ>となっている。

子どもも大人も気軽に座れるチェアは、ちょっとしたお出かけなど、さまざまなアウトドアシーンで活躍してくれそうだ。

「Purveyors Show!! 2020 秋」で初披露

なお、同商品は、10月9日(金)~11日(日)に渋谷「space EDGE」で開催される「Purveyors Show!! 2020 秋」にて初披露を予定。詳細は公式HPにて確認を。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事