流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

大阪眼鏡硝子

サングラスブランド「THINGLASS」OMOTENASHI Selection 2017(おもてなしセレクション)を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪眼鏡硝子(事業所:奈良県奈良市 代表:堤友厚)が製造・販売するサングラスブランド「THINGLASS」(シングラス)が、OMOTENASHI Selection2017(おもてなしセレクション2017)を受賞しました。「機能性の高さ」と「美しさ」を兼ね備えたモノづくりを。その思いが全国へ、世界へ発信されることとなりました。製品の質と、モノづくりに対する姿勢がこのような形で評価され、心より感謝いたします。今後も機能美にこだわったサングラスづくりに努めてまいります。

 なお、OMOTENASHI Selectionでの今後の展開といたしまして、日本橋高島屋での受賞発表記念催事の開催や、オフィシャルオンラインショップ「ふるさと。おもてなしショップ」での販売、中国市場向けECプラットフォーム「豌豆公主(ワンドウ)」での販売などが予定されております。

■THINGLASSについて

ガラスレンズで作った「本物のサングラス」のよさを伝えたいという思いから、国内生産の色ガラスレンズ、フレームを使用し作られた「THINGLASS」。
カメラ用のフィルターなどで使われる特殊ガラスの製造技術をベースにしたガラスで作られたレンズは、解像度が高くクリアな視界、質感にも優れ、耐久性はプラスチックで作られたサングランスの10倍にも及ぶ。化学強化処理を施すことで「割れにくさ」に加えて「薄さ」も実現。サングラスを使う本来の目的である「太陽光から眼を保護する」ことに最大限対応できるため、使い手にとって多くのメリットを生み出してくれる。

【商品概要】
□商品名:THINGLASS
□商品価格:35,000円(税別)
□販売場所:

▶THINGLASS ECサイト
http://thinglass.net/

□商品詳細:
「そのサングラスは、美しいか。」をコンセプトに、機能美を追求したガラスレンズを使用したサングラスブランドとして、2015年に誕生しました。プラスティックレンズと比べ、経年劣化しにくく、圧倒的にクリアな視界を実現しています。また、フレームは福井県鯖江製のものを使用。シンプルな中にも、高級感が感じられるデザインとなっています。カメラ用や医療用途など、長きに渡り、光学用色ガラス製品を製造してきた技術が、強くて軽く、美しいサングラスを生み出しました。

【企業概要】
事業者名:大阪眼鏡硝子
所在地:奈良県奈良市大森町80-2 アルペンローゼ405号
ホームページ:http://thinglass.jp/

■OMOTENASHI Selectionとは
徹底して受け手のことを思いやる心から生まれたこだわりの技、日本独自の「和」の表現、伝統を継承しながらも現代に向けて改良を重ねる創意工夫の活動など、日本が誇る「おもてなし」の心が感じられる商品・サービスを認定し、世界に発信するプロジェクトです。
2015年度・2016年度の過去2年間、475の応募の中から合計137の商品・サービスを認定し、日本国内はもちろん、アメリカ・中国・台湾・マレーシアなど世界各国へ向けた広報活動と販路の開拓を行ってきました。
3年目となる2017年度も、世界中のパートナー企業とともにさらにその活動を拡大させ、おもてなしセレクションの受賞商品・サービスがより多くの人に届くことを目指して活動しています。

▶︎OMOTENASHI Selection 公式サイト
http://omotenashinippon.jp/selection

▶THINGLASS 受賞ページ
http://omotenashinippon.jp/prize/2017/01/osakaopticalglass/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る