流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

Beyond Limits

日経XTECH EXPO AWARD 2019 準グランプリ・ビジネスAI賞をBeyond Limitsが受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

「説明可能なAI (XAI)」を提供するBeyond LimitsのコグニティブAIソリューションが評価

2019年10月15日、日本・東京、フルスタックの人工知能ソフトウェアエンジニアリング企業のBeyond Limitsは、先週東京ビックサイトで開催された日経XTECH EXPO AWARD 2019で準グランプリ・ビジネスAI賞を受賞したことを発表しました。

Beyond LimitsのコグニティブAIソリューションは、ディープラーニングなどの数値ベースの従来のAI技術と専門家の知識や経験をシンボリックAIとして組み合わせて、透明性が高く「説明可能なAI(XAI)」とする、証拠に基づいた監査証跡に裏付けされた推論を生み出します。 審査員は、Beyond Limitsソリューションの日本の製造業におけるDXの推進に貢献する可能性が高いということ、NASA宇宙ミッションのためにカリフォルニア工科大学で開発された技術がベースであること、英国BPなどエネルギー分野での導入実績にも注目されました。

「Beyond Limitsが日経XTECH EXPO AWARD 2019で準グランプリ・ビジネスAI賞を受賞でき大変嬉しく思います」と、Beyond Limitsの最高営業責任者であるScott Tomlinsonは述べています。「説明可能なAIが求められる高付加価値を生み出す日本のビジネスシーン、特に重工業、自動車産業で利用可能な最先端AIテクノロジーの提供をお約束します。」

従来の人工知能を超えて – コグニティブAI、それは説明可能なAI(XAI)
Beyond Limitsは、一般的に活用されている従来のAIの障壁を超えるソリューションを強化し、数値ベースの機械学習やディープラーニングの技術を高次のシンボリックAIと組み合わせたハイブリッドなアプローチを提供します。コグニティブAIエンジンは、人間のような推論を提供し、複雑な問題に対する明確で理解可能なソリューションを提供します。「ブラックボックス」AI技術とは異なり、Beyond Limitsは、コード化された専門家の知識を備えた「グラスボックス」の説明可能なAIを開拓し、人々が理解し、機械で解釈できる推奨を提供します。

REBOMIXとのパートナーシップ
Beyond Limitsは、東京に拠点を構えるREBOMIXとの戦略的パートナーシップを発表し、日本市場への拡大を促進しています。重工業や自動車アプリケーション向けの高度なコグニティブAIソリューションの先駆者として、Beyond LimitsはNASA宇宙ミッション向けに開発されたテクノロジーを活用し、世界で最も要求の厳しい業界の複雑な問題を解決します。現在、REBOMIXと協力して、将来を見据えた日本企業が最新テクノロジーを活用し、レベルアップすることを支援しています。

BEYOND LIMITSについて
Beyond Limitsは、従来のAIを超える高度なソフトウェアソリューションを開発するフルスタックの人工知能エンジニアリング企業です。2014年に設立されたBeyond Limitsは、カリフォルニア工科大学とNASAジェット推進研究所(JPL)の実績のあるテクノロジーを高度なAIソリューションに変換し、将来を見据えた企業として活躍しています。Beyond Limitsは、この比類のない革新ポートフォリオと独自の認知技術を活用して、企業が困難且つ複雑でミッションクリティカルな問題を解決し、ビジネスを変革するのを支援します。AIにユニークなハイブリッドなアプローチを適用し、機械学習などの数値AI技術と高次のシンボリックAI及び専門的な人間の知識を組み合わせて、直感的な認知推論と情報を提供します。その結果、より迅速で適切な意思決定が可能になり、リスクが軽減され、収益が増加します。詳細については、www.beyond.aiをご覧下さい。

メディア関連のお問合せ先:

Edward Yang
Firecracker PR
edward@firecrackerpr.com
1-888-317-4687 ext. 702

日本語でのお問合せ先:

Beyond Limits
日本担当事業開発責任者
小島 剛
kojima@beyond.ai

ソース:Beyond Limits

ウェブサイト
https://www.beyond.ai

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る