流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社Yuinchu

「こころくすぐるもの」をもっともっと世の中へ。表現活動を愛する全ての人をハッピーに!アーティスト・クリエイター支援サービス「kusuguru」本格始動!

このエントリーをはてなブックマークに追加

人の想いに寄り添い、フレッシュでユニークなものを共に想像し、心を動かし続けるサービス・プロデュースカンパニーである株式会社Yuinchu(読:ユインチュ、本社:東京都品川区上大崎2-11-10、代表:小野 正視)は、同社のクリエイティブブランドである「kusuguru(クスグル)」でのサービス展開を本格始動させる。
先行スタートさせていた音楽の新しい販売スタイル「and music product」をはじめとした、既存の形にとらわれない新しい作品発信のスタイルを生み出す「仕組みづくり」と、同社の手がけるレンタルスペース事業・クリエイティブ事業と掛け合わせた作品/表現を発信するきっかけや場を提供する「機会づくり」の2軸がメインサービスとなる。

【サービス概要】

機会づくり

kusuguruは表現を発信するきっかけとして、
案件単位でのお仕事の紹介や、場所の紹介を行なっていきます。

グループであるクリエイティブチームPooka. より、
制作案件を紹介させていただきます。

内容は、
・音楽制作(音源・イベント)
・各種デザイン(WEB ・紙媒体・ロゴなど)
・各種撮影(ムービー・スチールなど)
・記事作成(ライティング)
など多岐に渡ります。

グループであるレンタルスペースGOBLIN.より、場所を紹介させていただきます。

スペースの用途は、各種イベントやパーティー、各種撮影、セミナーや会議、展示会やポップアップショップなど多岐に渡ります。

単純な紹介だけでなく、場所を所有している強みを活かし、1人では形にすることが難しかったアイデアやコンテンツを、イベントという形にするお手伝いもしております。

仕組みづくり

kusuguruは既存の形にとらわれず、新しいスタイルで作品を発信する
仕組みづくりを行なっております。

and music product(以下amp)とは「音楽と暮らす」をコンセプトに、音楽とプロダクトを結びつけ、
お互いに今までリーチできなかったターゲットへ届けていくことによって、
双方の魅力・価値の相乗効果を生み出すサービスです。
消費者にとってCDよりももっと生活に近いプロダクトに音楽を、
またプロダクトにその魅力をより伝えられる音楽を付与することで
音楽/プロダクトをより深く感じ、楽しんでもらうことができます。

COMPANY

人が「やりたい!」と心の底から願うとき、 いかなるハードルも越えられるほどの、エネルギーを生み出します。
わたしたちはその想いに寄り添いながら、今まで気づかなかった 新しい価値を発見したり、フレッシュでユニークなものを共に創造します。
しかし、私たちがやれることはそれだけではありません。
発見した新しい価値を、持続可能なかたちでさらに磨き続けること そして流行に流されることなく、新しい時代の普遍性を提案することで、 人の心を動かし続けます。

SERVICE

■GOBLIN.
GOBLIN.のサービスブランドのもと、空間開発を都内を中心に展開しています。 貸切パーティー、イベント、会議、セミナー、講演会、展示会、ムービー撮影、スチール撮影など、様々な用途でご利用いただける個性豊かなレンタルスペースや店舗を開発します。 空間の有効活用をお考えのオーナー様においては、今までにない新しい価値を創出します。

■Mo:take
Mo:takeのサービスブランドのもと、体験型ケータリングと称し、お客様ご自身に実際にお料理にふれて五感で楽しんでいただけるユニークなサービスを展開しています。 ホームパーティー、ウェディング、懇親会、イベント、キャンプ、ピクニックなど、様々な用途でご利用いただく中で培ったノウハウで多種多様なメニューを開発します。 さらにケータリングの領域を超え、もっと身近な店舗メニューや商品開発も行っております。

■Pooka.
Pooka.というクリエイティブチームのもと、空間や飲食などを使ったフレッシュでユニークな場づくりや関係づくりをより立体的に伝えるために、各種撮影や映像・WEB・紙媒体などの制作を行っております。 単発的な制作ではおさまらない、皆様の多面的なアイデアや思いを、私たちが持つ経験値やリソースを総動員し、言葉では伝えきれない部分を制作物で伝えていくお手伝いをしております。

https://prtimes.jp/a/?f=d28845-20190516-1086.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る