流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

cryptomall ou

【ベナン共和国大統領甥×cryptomall対談】「クリプトモール」は、同社がシステム開発を総合受託するベナン共和国国営プロジェクト「QRコード決済普及プロジェクト」の対談動画公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 【cryptomall × ベナン共和国国営プロジェクト 対談】

(1) 概要

 2019年11月22日(金)”社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouは、ベナン共和国国営プロジェクト「QRコード決済普及プロジェクト」を進める「スペースワンダー社」の代表取締役でありながら、ベナン共和国前大統領の甥であるアジャニシカ・アブデル・アワル氏との対談動画を公開いたしました。

↓↓対談動画はコチラから↓↓

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=e5L5lDejW5Q ]

https://www.youtube.com/watch?v=e5L5lDejW5Q

(2) 対談動画について

 動画では、ベナン共和国元大統領の甥であるアジャニシカ・アブデル・アワル氏と、ベナン共和国国営プロジェクト「QRコード決済普及プロジェクト」のシステム開発を総合受託している「cryptomall(クリプトモール)」のプロジェクトマネージャーであるベンジャミン氏が、同プロジェクトの背景や、解説そして、今後のスケジュールなどについて対談しております。

≪対談内容一覧≫

Q1. スピーカーの自己紹介について
Q2. 本社所在国について
Q3. 両社が提携をした背景について
Q4. QRコード決済プロジェクトについて
Q5. QRコード決済のメリットについて
Q6. プロジェクトのスケジュールについて
Q7. プロジェクトの目標について

2. 【アジャニシカ・アブデル・アワル氏について】

 ベナン共和国前大統領ヤイ・ボニ氏の甥であるジャニシカ・アブデル・アワル氏は、政治家を目指しながらも、「スペースワンダー社」を代表取締役として経営する起業家です。

 また、同氏は同国において暗号資産(仮想通貨)とQRコード決済が当たり前になる世の中を目指し、ベナン共和国国営プロジェクト「QRコード決済普及プロジェクト」を立ち上げ、プロジェクトの成功に向けまい進しています。

 ベナン共和国の大統領は世襲制のため、ベナン共和国前大統領ヤイ・ボニ氏の甥である同氏は次期大統領との呼び声も高く、今回のベナン共和国国営プロジェクト「QRコード決済普及プロジェクト」の成功が、政治家への大きな一歩となることは間違いないでしょう。

3. 【QRコード決済普及プロジェクトについて】

(1) 概要

 ベナン共和国国営プロジェクト 「QRコード決済普及プロジェクト」とは、ベナン共和国において暗号資産(仮想通貨)を用いたQRコード決済を普及させ、便利で安全な決済を実現するプロジェクトです。

↓↓プロジェクトの詳細記事はコチラから↓↓
https://www.dreamnews.jp/press/0000192823/

(2) QRコード決済普及プロジェクトの背景

 ベナン共和国は銀行口座を持たない国民の人口が多く、モバイルマネーのサービスまたは、金融機関の口座を所有している率は、38%と人口の半分にも達しません。

出典: 一般社団法人アフリカ協会「ベナン月報(2018年12月)」
http://www.africasociety.or.jp/index.php/archives/category/infomation/page/3

 その一方で、スマートフォンの普及率は高く、銀行口座よりもスマートフォンを持っている人口が上回っています。 これはベナン共和国に限らず、アフリカ大陸全体の傾向であり、アフリカは世界で2位のモバイル大陸と言われています。

出典: 株式会社JTB総合研究所(2017/5/15)
https://www.tourism.jp/tourism-database/figures/2017/05/second-rank-mobile-continent/

 そこで銀行口座を持っていない人でも、便利で、安全な決済を行えるよう暗号資産(仮想通貨)による「QRコード決済」の普及を目指すプロジェクトがベナン共和国で現在進行しています。

(3)cryptomall ouのプロジェクト参画について

 cryptomall ouは、”社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」の開発で培った高度なブロックチェーン技術を駆使し、ベナン共和国国営プロジェクト「QRコード決済普及プロジェクト」に関連するシステム開発を総括的に請負、開発を進めています。

↓↓プロジェクトの詳細記事はコチラから↓↓
https://www.dreamnews.jp/press/0000192823/

3. 【社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」について】

(1) 「cryptomall(クリプトモール)」概要

「cryptomall(クリプトモール)」とは、100万点以上もの商品を取り扱う「”社会貢献型” 暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール」です。ブロックチェーン技術を活用し、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築中です。

↓↓社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」はコチラから↓↓
https://crypto-mall.org

(2) 「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅する仕組みとは?

ポイントその1 透明性

ブロックチェーン上に、商品の取引記録を登録することで、誰でも取引記録を閲覧できるようになります。管理者が存在する中央集権型のシステムとは異なり、まったく利害関係のない第三者も履歴を閲覧できるため、透明性が高く、データを改ざんできません。

ポイントその2  追尾可能性

 
 ブロックチェーン上の商品の取引記録は、すべて繋がっています。つまり、あるメーカーから出荷され、小売店を経由し、ユーザーの元へ届いたということが一目瞭然なのです。

ポイントその3  繊維型マイクロチップ

 
 デザインを邪魔しない繊維型マイクロチップを、製造時に商品に組み込みます。マイクロチップを読み取ることで、商品情報、商品の取引履歴そして物流経路など、改ざん不可能なブロックチェーン上の履歴を閲覧することができます。

このように、ブロックチェーン技術とマイクロチップを利用することで、決して改ざんすることできない商品の取引履歴を誰もが閲覧することができ、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築することができます。

◇◇━━━━━━━━━━━◇◇

◆1.  ご案内

(1) 「cryptomall(クリプトモール)」の2つの特徴

・ その1
本物しか販売されていないショッピングモールという、大手に負けないブロックチェーンプラットフォーム

・ その2
他の暗号資産と提携可能という無限の可能性

↓↓「cryptomall(クリプトモール)」の紹介動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=xk45HoCBUVw&feature=youtu.be

(2) 中国のニセモノ・パクリ問題

・ 問題点
「ニセモノ・パクリ商品」が氾濫しており、安心してネットショッピングができない。

・ 解決策
改ざんが一切できないブロックチェーンプラットフォームを開発することで、「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅することができる。

↓↓中国のECサイトについての動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=CjxvfAaa-js&t=11s

(3)  過去の配信コンテンツ

↓↓プレスリリースなどのコンテンツはコチラから↓↓
https://admin.crypto-mall.org/archives

※ ダッシュボードへのログインが必要です。

◆2.  お問い合わせ

・ お問い合わせフォーム
https://crypto-mall.org/contact

・ メールでのお問い合わせ
support@crypto-mall.org

・ 運営サイト
cryptomall(クリプトモール)
https://crypto-mall.org/
http://ieo.crypto-mall.org/

・ 暗号資産(仮想通貨)発行会社(主宰会社)&ご紹介者さまへ
「cryptomall(クリプトモール)」との業務提携をご検討の方、また、
「cryptomall(クリプトモール)」をご紹介していただける方は下記をご覧ください。
https://crypto-mall.org/user_data/alliance

※業務提携に関しましては、厳正なる審査のうえ決定させていただきます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る