流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

産経新聞社

大阪の永田さんら受賞 全国から1万5000首 「第7回河野裕子短歌賞」入賞作品発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

「第7回~家族を歌う~河野裕子短歌賞」(産経新聞社主催、京都女子大学共催)に、短歌1万5262首(家族の歌・愛の歌1463首、自由題543首、青春の短歌1万3256首)が寄せられ、入賞作品が決定しました。

「河野裕子短歌賞」は、京都女子大学在学中の1969年に、戦後生まれの女性歌人として初めて角川短歌賞を受賞し、戦後女性歌壇をリードした歌人、河野裕子(1946~2010、写真)を顕彰する公募短歌大会です。

表彰式は11月10日(土)に、京都女子大学(京都市東山区今熊野北日吉町)で行われます。

入賞作品は下記の通りです。

〈河野裕子賞 家族の歌・愛の歌〉
夢に見る息子はいつも幼子で手をさしのべて助けてやれる
永田 和美さん (大阪府豊中市)

〈河野裕子賞 自由題〉
見送りに「てがみ」と指で書ひた窓廃線の駅今は紫陽花
南部 太さん (島根県邑智郡川本町)

〈河野裕子賞 青春の歌〉
干からびたカエルをよけてすすみゆくばいばい、わたしは夏をのりきる
石名 萌さん (鳥取県立鳥取東高等学校)

【お問い合わせ先】
産経新聞大阪本社 事業本部「河野裕子短歌賞」係
☎ 06-6633-9274
FAX 06-6633-2293 
公式サイト https://www.eventscramble.jp/e/kawano

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る