SEARCH
日本最古の絵具屋と京の和コスメがコラボした「宝石リップ」で和の美しさを体験


創業260余年を誇る日本最古の日本画用絵具専門店で、胡粉ネイルを発売する上羽絵惣株式会社と、日本らしい原料をふんだんに取り入れたセルフスキンケアブランド京都和のコスメkyo・mioriとがコラボして4月10日に「宝石リップ(リップグロス)」(各1300円)を発売する。

「宝石リップ」には、お気に入りのジュエリーをまとい女性が輝くように、私たちの作りだす色で装って欲しい、女性にとっての身近なアートである化粧で自身を輝かせて欲しいという願いがこめられている。

女性を一層魅力的に見せる3色は、色のスペシャリスト上羽絵惣がセレクト。
黄みの肌に馴染む、フレッシュではつらつとした印象を与える「琥珀(こはく)」、大胆で鮮やかな大人の女性に「辰砂(しんしゃ)」、自然でふっくらとした、少女のような可憐な唇に見せる「桃色珊瑚(ももいろさんご)」の3色で、口紅いらずのしっかりとした発色と、金箔のように散りばめられたゴールドラメで口元で華やかにきらめく。

また、美容の専門家kyomioriとコラボし、塗っている間の輝きはもちろん、素のくちびるの美しさをまもる美容成分をたっぷりと配合。女性を内と外から優しく彩るリップグロスに仕上げた。

パッケージは京の舞妓を思い起こさせる「花かんざし」の図案で、京都発のケア化粧品をイメージした。

日本最古の日本画用絵具が作り出した、くちびるを美しく彩る日本らしい和のリップで、あなたらしい美しさを見つけてみて。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable