流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

ゲーム感覚で楽しく運転能力チェック「スマヌ法」!~NEXCO東日本逆走防止プロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加


NEXCO東日本は、高速道路における高齢ドライバーの逆走を防止するプロジェクト「家族みんなで 無くそう逆走」を開始。11月18日(日)には東京湾アクアラインの海ほたるパーキングエリアにアニマル浜口、浜田京子、浜田初枝の“浜口ファミリー”、NEXCO東日本CMキャラクター新井恵理那さんをゲストに招いて啓発イベントを開催した。


今回始まった「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクトでは、年間200件ほど発生している高速道路上での逆走事故のうち、66%が65歳以上の高齢ドライバーによるという実態に着目。高齢ドライバー本人だけでなく、逆走事故を“自分の親や祖父母にも起きうること”と捉えてもらい、全世代に向けて「家族みんなで逆走を知ろう」「家族みんなでチェックしよう」「家族みんなを逆走事故から守ろう」という3つのアクションを呼びかけている。

イベントでは、このうち「家族みんなでチェックしよう」にフォーカスし、運転能力の低下をチェックする『運転ここに注目リスト』や、ゲーム感覚で楽しく運転時の判断能力をチェックできる『スマヌ法』というセルフチェック法を紹介。浜口ファミリーも実際にこの『スマヌ法』を体験した。


『スマヌ法』とは、皮膚の神経がキャッチする感覚の衰え=脳の認識能力を家族で簡単にチェックする方法で、具体的には背中に大きくカタカナの「ス」「マ」「ヌ」をランダムに指で書き、何を書いたかを当ててもらうというもの。形の似たカタカナの違いを正確に認識できるかを試すことで運転時の判断能力をチェックするのが狙いだ。


体験したアニマル浜口は、浜口京子が背中に書いた文字を見事に全問正解して「このテスト、楽しくて最高!」と興奮気味にコメント。また出題した浜口京子は「とっても楽しくできますね!父の背中を触る機会もなかなかないし、背中に書く文字を選ぶのも楽しかったです。またやってみたいですね!」と語っていた。

なお、NEXCO東日本 交通部の栗田敏美男氏は「高齢ドライバーによる事故は、自分の両親や祖父母など身近な人にも起こりうること。このプロジェクトを通じて、高齢ドライバーに啓発するだけでなく、全ての方に“逆走事故は身近なところで起こるもの”と関心をもらえれば」とプロジェクトの狙いについて説明。

同社では、「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクトの開始に合わせて特設サイトを開設。逆走事故の実態や浜口ファミリーが楽しんだ『スマヌ法』をはじめとするセルフチェック法をイラストや動画でわかりやすく紹介している。“高齢の両親や祖父母が逆走しないか不安”と感じている人は、ぜひチェックしてみては?

『NEXCO東日本「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクト 特設サイト』
( https://www.e-nexco.co.jp/family_nakusogyakuso/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事