流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

世界をフィールドに活躍する写真家・石川直樹の個展開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


1月12日(土)~3月24日(日)の期間、「東京オペラシティ アートギャラリー」にて、世界をフィールドに活躍する写真家・石川直樹による東京での初の大規模個展「石川直樹 この星の光の地図を写す」が開催される。

22歳で北極点から南極点までを人力で踏破、23歳で七大陸最高峰の登頂に成功した石川は、その後も世界各地を旅しながら、人類学や民俗学などの観点を取り入れた独自のスタイルによる写真作品によって、日常生活や世界を見つめ直す活動を展開し続けている。

この展覧会では、北極、南極、ヒマラヤ8000m峰といった極地を撮影した各シリーズ、ニュージーランドの原生林を撮影した「THE VOID」、ポリネシア地域に浮かぶ島々を星に導かれるように巡った「CORONA」、世界各地の洞窟壁画を訪ねた「NEW DIMENSION」など、石川の活動の全貌を総合的に紹介する。

入場料は、一般1200円、大・高生800円、中学生以下無料。新しい年が始まり、また平成から新しい時代に変わろうとするこの時期に、まさに“神々しい”という言葉がふさわしい石川の作品の数々に接する機会をお見逃しなく!

■「東京オペラシティ アートギャラリー」
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事