流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

松坂屋上野店のイチオシ恵方巻はやはりパンダだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月3日(日)の節分に向けて、各所のおすすめ恵方巻が発表される季節になってきた。松坂屋上野店では、食品バイヤーや企画担当など恵方巻の目利きに自信のある10人が今年松坂屋上野店で発売予定の恵方巻を審査。海鮮・肉・変わり種・定番・ハイブリッドの5部門で、味や見た目、食べやすさ、コストパフォーマンス、オリジナリティなどの項目で採点した。

各部門で1位を獲得した恵方巻を紹介していこう。

変わり種部門1位に輝いたのは「太郎のパンダ恵方巻」486円。うるうるな目がかわいいパンダの恵方巻だ。2月3日(日)のみ販売、限定20本。

海鮮部門1位の「スペシャル海鮮豪華オールスター巻」5000円は、本まぐろ(大トロ・中トロ・赤身)・真鯛・サーモン・いくらを大胆に巻き、さらに金粉を振りかけたスペシャル海鮮巻だ。こちらも2月3日(日)のみの発売。

肉部門1位に輝いたのは、ローストビーフの旨みがたっぷりの「ローストビーフ恵方巻」1296円。彩りの良いローストビーフを使用し、卵焼きやアボカドを巻いてある。こちらも2月3日(日)のみの発売で、限定30本。

ハイブリッド部門1位になったのは、穴子巻・トロタク巻・海鮮サラダ高菜巻のハーフ3種類をセットにした、タキモトの「恵方巻ハーフ3種盛1セット」1280円。シェアできて食べやすいサイズ感が人気の理由だ。

そして定番部門の1位は、古市庵の「うず潮巻」1343円。年間約1万本売れる巻き寿司で、12種類の具材を巻いた極太巻は食べ応え抜群だ。ここで紹介されている恵方巻は、2月1日(金)~2月3日(日)、松坂屋上野店本館地下1階・1階食品フロア「ほっぺタウン」で購入が可能。

今年の恵方は東北東。2月3日(日)当日は無業息災を願って家族皆で味わおう。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事