流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

江戸人になりきって古の花見を堪能!「日光江戸村」の花見宴

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京でも桜の開花が発表されて、いよいよお花見シーズンが到来。そんな中、江戸時代をまるごと体験できる「江戸ワンダーランド日光江戸村」の花見イベント「EDO WONDERLAND 歳時記 春の宴~江戸の花見~」が4月4日(金)~14日(日)に開催される。

咲き誇る桜を眺めながら豪華な江戸花見料理が味わえる歳時記イベントで、情緒あふれる本格的なお江戸のお花見を楽しもう!


「EDO WONDERLAND 歳時記 春の宴~江戸の花見~」では、和装に着替えて江戸人になりきり、端唄の美しい歌声を聴きながら、情景、料理と五感で江戸の春を堪能できる。


このイベントでは、当時の文献を参考に再現した、春の食材を使った江戸当時の花見料理を“食べる文化体験”をすることが可能。


また特別店「竈屋(かまどや)」では、NHK人気ドラマ「ブシメシ!」の料理監修を手掛ける冬木れい氏考案の本格花見御膳を提供。アウトドアで食べられる行楽花見弁当や屋台メニューとして焼筍、焼蛤など旬の焼き物も登場するから、青空の下で桜を愛でながら料理や酒を愉しむのもよさそうだ。


さらに4月6日(土)には里山のある暮らしを再現する「EDO-SATOYAMAプロジェクト」の企画として、今年もC.W.ニコル氏と近隣の保育園児による桜苗木の植樹が予定されている。


今年の春は、江戸のお花見を体験してみてはいかが。

■「江戸ワンダーランド日光江戸村」
住所:栃木県日光市柄倉470-2

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事