流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

MONO

日本の伝統美をステンレスボトルに立体表現!「FUJI」など新5種が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


マイボトルで飲むホットドリンクがおいしい季節、タイガー魔法瓶から日本の伝統美を立体的にデザインした「ステンレスボトルMJX-A482」が12月21日(土)より発売される。

最新塗装技術によって実現した凹凸のある立体的な柄と手触りを持つステンレスボトルMJXシリーズは、2017年に発売して以来、「日本の伝統美を世界に伝えるまほうびん」として、日本人以外にもインバウンドを中心とする訪日観光客にも好評だ。

「富士」など新柄5種

MJXシリーズの最大の特長はその質感。新発売となる5つの柄では、情景や素材ごとに細かく調整を施した色味と、微細模様を幾重にも重ねて凹凸のある立体感を出す高度な技術で、日本を代表するそれぞれの情景が持つ、奥深い美しさと手触りがモチーフごとに異なる形で表現されている。


日本人にとって特別な山・富士の中でもに縁起が良いとされている、湖面に富士山が映り込んだ逆さ富士をモチーフにした「FUJI(富士)」や、


色糸を幾重にも巻き、彩り豊かにつくられる昔ながらの玩具・手毬を表現した優しい手触りの「TEMARI(手毬)」、


日本の思いを伝える文化を繊細で奥深いモチーフで表した「MUSUBI(むすび)」、


伝統工芸技術である七宝焼の風合いを取り入れ、薄く柔らかい花びらが透けて重なり滲んだ色調が特徴の、日本を代表する花「SAKURA(さくら)」、


日本の冬の情景として、鉄瓶にも用いられている霰文様を採用した「ARARE(霰・あられ)」の5種類が新柄として販売される。

軽量で持ち歩きにも便利

加工から包装まで一貫して日本国内生産され、高真空技術により、安定した保温・保冷効果を発揮する「ステンレスボトルMJX-A482」。

ステンレスの清潔さと、飲み心地のよさを両立させた「なめらか飲み口」を採用し、容量0.48Lで本体質量は約230gと軽いため、毎日の持ち歩きにも便利だ。

一つひとつ手作業で専用の桐箱と和紙で包んでいるので、贈り物にもおすすめ。

日本の伝統美をタイガー魔法瓶の「ステンレスボトルMJX-A482」で身近に感じてみよう。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事