流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

「Ginza Sony Park」で“昭和初期のモダン東京”を体感できるイベント開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」では、2月22日(土)、「モダン東京と映画館 シネマの街 銀座・丸の内・日比谷」を開催!近代東京の映画館とその建築について語り合うトークイベントと、サイレント映画「公衆作法 東京見物」の語り・生演奏つき上映が行われる。

近代東京における映画や映画館と街の関わりを紐解く!

毎回各界の著名人や専門家を講師・ゲストとして招き、さまざまなテーマのオープンカレッジを開催している「Park College」。

今回のイベントはその第6回目として開催されるもので、戦前から多くの映画館があった銀座・丸の内・日比谷界隈の近代東京における映画や映画館と街の関わりを、当時の貴重な資料と共に、映画の奥深さや街の魅力を紐解きながら解説してくれる。

トークイベントは「モダン東京と映画館」がテーマ

クロストークでは、「モダン東京と映画館」をテーマに、昨年「藤森照信のクラシック映画館」を上梓した建築史家の藤森照信氏と、歴史的な記録映像を通じて東京の風景を探索するとちぎあきら氏が、近代東京の映画館とその建築について語り合う。

無声映画は国立映画アーカイブ所蔵の作品を上映

また、無声映画上映では、東京見物をする親子の視線を通して大正末期の東京を活写したユーモラスな映画「公衆作法 東京見物」(国立映画アーカイブ所蔵)が、活動写真弁士・坂本頼光氏の語りと湯浅ジョウイチ氏の生演奏つきで上映される。

イベント開催概要

「モダン東京と映画館 シネマの街 銀座・丸の内・日比谷」の参加費は無料[※別途「“BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY」でのワンオーダー/500円(税込)が必要]で、開催時間は14:00~15:00がクロストーク、16:00~17:00が無声映画上映となっている。

50年前に建てられたソニービルの内装がところどころ残り、現代建築の遺構を垣間見ることのできる「Ginza Sony Park」で、昭和初期のモダン東京に触れ、まるで古き良き銀座にタイムトリップしたかのような体験をしてみては。詳細は「Ginza Sony Park」のサイトで確認を。

『Ginza Sony Park 公式サイト』( https://www.ginzasonypark.jp/program/011/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事