流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

M'S FASHION

無重力耐性!YEMA×フランス国立宇宙研究センター開発の新作クォーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月下旬、フランスの腕時計ブランド「YEMA(イエマ)」とフランス国立宇宙研究センターが協力して開発した新作クォーツ「スペースグラフ Zero-G」が発売される。

宇宙に送り込まれた最初のフランス時計

フランス国立宇宙研究センター、通称「CNES」は、フランスの宇宙プログラムの開発と実験を担う、NASAに次いでもっとも重要な国立宇宙機関。

そんな「CNES」と「YEMA」が1982年に共同で設計した「YEMA Spationaute」は、宇宙に送り込まれた最初のフランス時計で、フランス・ロシアのミッションPVH 、ソユーズT-6でジャンルーク レティエンが着用した歴史がある。

3種類の新モデル

今回発売の「スペースグラフ Zero-G」は、“パラボリックフライト(放物線飛行)30周年”を祝うための新モデル。

無重力空間であるZERO-Gフライトの厳しい環境に耐えるためにデザインされた同商品は、全てのシーンにおいて完璧な視認性と高い堅牢性を備えている。

タイプは、「スペースグラフ Zero-G」6万円(税別)、

「スペースグラフ Zero-G スティールブラック」5万円(税別)、

「スペースグラフ Zero-G スティールブルー」5万円(税別)の3種類。

デザインも機能も洗練された「スペースグラフ Zero-G」で、宇宙飛行士の気分を味わってみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事