流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MEN'S

メンズ必見!今夏のクールビズ・節度をもった「涼しい装いの整え方」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加


5月に入って日差しが強くなり、動くと汗ばむ日も出てきた。スーツスタイルで働くことも多い男性陣は、涼しく快適に暑い季節を乗り越えたいと思うのでは?

世界文化社から5月7日(木)より発売中の『MEN’S EX 6・7月号』では、「涼しい装いの整え方」と題して、2020年夏のクールビズのトレンドを紹介している。

2020年夏のクールビズのトレンドは

ここ数年、“クールビズ”というワードが打ち出され、半袖シャツやポロシャツなど、ビジネスシーンでスーツ以外の服装の着用を認める会社も多くなってきた。

一方、夏のドレスコードが多様化した中でも「仕事着として最低限のマナー」は重要。“COOL”という言葉には、“涼しい”だけでなく、“キマっている”の意味があり、クールビズの装いが週末服と同じで良いということではないことも念頭に置きたい。

“節度のある涼しさ”を意識した装い

目標にするのは、仕事上のTPOや相手との関係性、その日の天気を考慮した“節度のある涼しさ”を意識したファッション。『MEN’S EX 6・7月号』では、シーンに応じた「涼しい装いの整え方」を紹介している。

夏のルール7ヶ条


第1特集の「エグゼクティブのためのドレスクールビズ 7Rules」では、今の旬をふまえた夏のルール7ヶ条を掲載。

涼感を演出するなら青、白、淡いベージュやグレーが今までの定石だったが、この夏は“黒”を基調にしたモノトーンスタイルに注目。装いのポイントを解説する。

「上品ノータイ」スタイル実例を紹介


そのほか、「世界&日本のウェルドレッサー発 インスタグラムで見つけた!『上品ノータイ』スタイル実例集」も掲載。

「ノータイOK」なドレスコード下でも、シャツやポロシャツとジャケットの組み合わせバランスは意外と難しいもの。そこで各国の洒落者のインスタグラムから、お手本コーディネートをピックアップ。モノトーンやコントラスト系の色使い、ダブルやニットのジャケット合わせ、パンツとのバランスなどを参考にしながら、自分でも実践してみて。

『MEN’S EX 6・7月号』の価格は、920円(税込)。薄着になる夏こそ、スマートな装いで印象良く振舞いたい!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事