流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

“表情”で具材を表現!豪発祥のパイ専門店「パイフェイス」浅草にオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加


見ているだけでニコニコ顔になれちゃう、こんなパイはいかが?

オーストラリア発祥のパイ専門店「パイフェイス」が浅草に登場!「パイフェイス 浅草ROX・3Gショップ」が、9月1日(火)にオープンする。

新しい“パイ”の文化を提案


「パイフェイス」は、2003年にオーストラリア・シドニーで誕生したミートパイとコーヒーを中心としたパイの専門店。

“ホッとできて笑顔になれる場所”というブランドコンセプトに基づき、伝統的な具だくさんのミートパイを中心に、セイボリー(惣菜)パイやスイーツパイの商品にかわいらしい顔を描き、その表情で具材を表現。

日本では現在、千葉・大阪・京都に3店舗を展開。オーストラリアの店舗で人気の高い定番商品に加え、季節に合わせた限定商品を揃えている。

バラエティ豊かでユニークな“パイの顔”

パイのサイズは、日本人が食べやすいように、オーストラリアより少し小さめ。セイボリーパイが直径約10cm、スイーツパイが直径約9cmとなっている。


<クラシックミンスビーフ>390円(税抜)は、黒胡椒やクミンなど数種類の香辛料で味付けした、ミンチビーフを詰めたミートパイ。パイの顔は“ミンス(Mince=ひき肉)”の「M」を表現しているという。


<チキンマッシュルーム>390円(税抜)は、じっくり煮込んだコクのあるホワイトソースに、大きめにカットしたチキンとマッシュルーム、玉ねぎが入った癖のない味わい。パイの顔は“チキン(Chicken)”の「C」を表現。


スイーツパイ<りんご>280円(税抜)は、シャキシャキとした食感のりんごと相性ピッタリの、甘さ控えめなカスタードクリームに、シナモンを効かせている。


パイのほかにも、ドリンク10種・スープ3種と、サイドメニューも充実。軽食や手土産だけでなく、朝食やランチなどでも気軽に「パイフェイス」に立ち寄ってみてはいかが。

■「パイフェイス 浅草ROX・3Gショップ」
住所:東京都台東区浅草1-26-5 浅草ROX・3G 1階

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事