流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

ちょうどいいずぼら具合!毎日のごはんをかしこく手抜きできるレシピ本

このエントリーをはてなブックマークに追加


料理が嫌いなわけではないけれど、毎日作るとなると話が変わってくるごはん作り。毎日凝ったものを作れるはずはないし、そもそもやる気と時間の問題も…。

ちょうどいいずぼら具合で、自分も元気になれる「かしこい手抜き」を教えてくれる書籍『ちょっと作ってみたくなる 大人のかしこい手抜きごはん』1300円(税抜)が、学研プラスから9月25日(金)より発売中だ。

健康にもうれしい!体に優しい手抜きレシピ


ずぼら料理研究家の奥薗壽子氏が紹介するのは、すぼらなだけではなく健康にもうれしい、体に優しい手抜き料理の数々。

たとえば、会社で長時間の会議があった、重要なプレゼンがあった、ママ友たちに気を遣いすぎた…など、体は疲れていないはずなのに、なんだかどっと疲れたという日は“心”が疲れているのかもしれないという。そんな日に奥薗さんがおすすめするのは、「癒しの、もみもみ料理」!


はんぺんや厚揚げなどを袋に入れて、ぐにゅっと潰してもむだけの簡単レシピだ。

子どもがやったら叱られそうだが、その背徳感こそがなんだか楽しく、むにゅむにゅとした感触が癒しになる。包丁やまな板も使わないのも手軽でいい。

手をかけないのにヘビロテ間違いなしレシピ


また、疲れているときは味つけに迷いが生じやすい。そんなときは「セルフ味つけ」や、鍋に入れておくだけの「ほうっておくだけの煮物」などがおすすめという。

ヘビロテ間違いなしのおかずレシピが満載で、料理が完成して家族が「おいしい」と食べてくれれば、心のなかで「ふふふ、今日も作戦勝ち」とつぶやいてしまいそう!

手はかけていないけれど、そうは見えないうえになんだかちょっと楽しい。そんな作戦勝ちできる晩ごはんを、日々の食卓に生かしてみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事