流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

りんご4個分使用!おつまみになる“大人のアップルパイ”が福島に新登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


新しい生活様式に合わせた福島市の夜のエンターテイメントとして、果樹園をライトアップし、生産地ならではの楽しみを提供している「夜の果樹園」プロジェクトが、今年は“リンゴ”のライトアップを10月6日(火)~10日(土)の期間に開催する。

「夜の果樹園」プロジェクト初のコラボ商品

それに伴い、「夜の果樹園」プロジェクト初のコラボ商品「夜の果樹園アップルパイ」5号/2,500円(税込)、6号/3,500円(税込)を10月12日(月)より発売!

また、それに先がけ、10月10日(土)18:30にYouTubeで開催される「夜の果樹園ナイトバザール」にて、「パティスリーサワダ」パティシエ澤田健氏が商品説明をしながらライブで先行受付も行う。

リンゴ4個分を使用した無添加のアップルパイ

「夜の果樹園アップルパイ」は、会場の飯坂町「まるせい果樹園」と、地元・飯坂町の老舗菓子店「パティスリーサワダ(澤田屋)」、ワインと日本酒の有資格者を含む酒好き女性3人からなる「夜の果樹園 商品開発チーム」がタッグを組んで作り上げた一品。

6号サイズ1台にリンゴ4個分を使い、カボチャのクリームをベースにコンポートせずスライスしたリンゴをそのままのせて焼く製法を採用しており、りんごの食感と紅玉独特の酸味、甘さを活かした完全無添加の焼き菓子に仕上がっている。

また、飯坂町に隣接する米沢市の伝統ハーブ「ウコギ」をスパイスとして加えており、すっきりした食味が楽しめる。

ワインや日本酒にも合うおつまみになるパイ

甘みを抑えてリンゴ、カボチャの食感を最大限活かした練りバイ仕立ての「夜の果樹園アップルパイ」は、シャンパーニュやシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランなど白ワイン、ピノ・ノワールなどの軽めの赤ワインとのペアリングや、酸味のある純米酒と合う。マスカルポーネチーズや生ハムとの相性も抜群だ。

素材感たっぷりで完全無添加なので、子どもが食べても安心なのも嬉しい。

商品詳細

「夜の果樹園アップルパイ」は、今後、フルーツ王国福島市や飯坂温泉エリアの代表的な土産を目指して「夜の果樹園オンラインストア」にて全国販売される。保存方法は常温で1週間で、ホールのみの販売となる。


「夜の果樹園プロジェクト」から誕生したコラボスイーツ。その至福のおいしさをいち早く味わってみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事