流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

新潟限定ビイル「風味爽快ニシテ 新潟開港150周年記念缶」発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


サッポロビールは、「風味爽快ニシテ 新潟開港150周年記念缶」を11月27日(火)より新潟県限定で発売する。

サッポロビールの生みの親は新潟県与板町(現長岡市)出身の「開拓使麦酒醸造所」初代醸造技師である中川清兵衛、育ての親は新潟県新発田市出身の「札幌麦酒会社」創立者である大倉喜八郎で、生みの親・育ての親ともに新潟県人であったことから、その感謝の気持ちを込めて発売されているのが「新潟限定ビイル 風味爽快ニシテ」。


1869年に開港し、日本海側を代表する港として発展してきた新潟港は、2019年1月1日(火)に開港150周年を迎える。それを記念し、今回「風味爽快ニシテ」記念缶を発売することが決定した。

パッケージは、新潟開港150周年のロゴマークと新潟税関及び“みなとまち新潟”の文化の象徴である芸妓のイラストをバランスよく配置し、印象に残るデザインとなっている。

また、本商品の売上に対して、新潟市に1本1円の寄付を行うことで、“みなとまち新潟”文化の発展を応援し、地域の活動を盛り上げていく。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事