流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

現代の名工×老舗旅館加賀屋の絶品メニューが羽田空港に登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京エアポートレストランは、羽田空港第1ターミナルマーケットプレイス3Fの「京ぜん」および同2F出発ロビーの「Hitoshinaya」にて、石川県和倉温泉「加賀屋」との共同開発メニューを7月26日(金)より発売中だ。

東京エアポートレストラン取締役総料理長・長島博氏は、2008年“現代の名工”を受賞。その後、「黄綬褒章」も授与され、2015年に東京エアポートレストラン取締役総料理長に就任した。

今回は、日本一との呼び声も高い、天皇陛下など皇室のご定泊や数々の著名人をもてなしてきた110年以上の歴史を誇る老舗旅館・石川県和倉温泉「加賀屋」の宇小藤雄総料理長とメニューを共同開発。

希少価値の高い高級魚「のど黒」と石川県の魚醤「いしる」を贅沢に使用した芳醇な和風出汁の「のど黒のいしるらーめん」2000円(税別)と、


北陸の海鮮の旨みを口いっぱいに感じることのできる「北陸海鮮づけ丼」2000円(税別)の2品が誕生した。

なお、それぞれ各店舗一日30食の限定となる。

こだわりが詰まった2品、この機にぜひ食してみてはいかがだろうか。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事