流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

食で地域の活性化!学生がプロデュースする本格レストラン

このエントリーをはてなブックマークに追加


新潟市にある国際調理製菓専門学校は、地域の食文化を盛上げるために地元素材をつかったメニューを考案し、地域の人たちに提供する「学生レストラン」を、9月27日(金)にオープンする。

「学生レストラン」は、企画・運営・調理・接客・経理・広報まですべてを学生が担当。実践的な職業教育を通じて一般の人に「地産地消メニュー」を提供していく企画で、学生がマーケティング調査をし、提供するメニューを考案している。良質な素材と味や栄養価にこだわった本格料理で地域の人に“おいしい”幸せを感じてもらえるよう、ホスピタリティや創造力を学んでいく。

全4回の開店では、毎回学科別に特徴のあるメニューを提供。様々なランチのバリエ―ションを楽しむことができる。

第1回目の9月27日(金)には、カフェ学科による新潟の魅力と生産者の想いを一皿にした「カフェメニュー」が登場。「蒲原牛と阿賀野産白茄子を使ったローストビーフプレート」、


「八海山サーモンと十日町ほうれん草のクリームソースパスタ」、


「雪室米タコライス~越後もち豚・雪下にんじん・かんずり」をラインナップしている。

第2回目は10月11日(金)でシェフ学科による「和・洋・中メニュー」が、第3回目は10月18日(金)で健康給食学科による「ヘルシーメニュー」が、第4回目は10月25日(金)で栄養士学科による「栄養バランスメニュー」が提供される。全4回とも開店時間は11:00~14:00。会場は国際調理製菓専門学校の3号館となっている。

学生がプロデュースする本格的な地域の味を、ぜひ堪能して!

■「国際調理製菓専門学校」
住所:新潟市中央区古町通3-560

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事