流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

東京ステーションホテルのウィンターカクテルで贅沢な時間を

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京駅丸の内駅舎の中にある東京ステーションホテルが、クリスマスやウィンターシーズンにおすすめの「ウィンターカクテル」を11月1日(金)より販売する。

東京ステーションホテルの2つのホテルバーで提供されるのは、オリジナルカクテルとジャパニーズウィスキー。

バー&カフェ<カメリア>では、フレッシュフルーツとシャンパーニュを掛け合わせたカクテルを提供。

「ストロベリーシャンパーニュ」2400円(税込・サ料別)は、フレッシュストロベリーをふんだんに使い、クリスマスカラーのレッド一色に仕上げたカクテル。シャンパーニュ・ポメリーやフランボワーズリキュール、レモンジュースがバランスよく合わさり、口にすると苺の甘みと酸味が軽やかに広がる。

「ポワールシャンパーニュ」2400円(税込・サ料別)は、真っ白のフローズンが雪を連想させる、デザート感覚のカクテル。クリームをたっぷり使ったフローズンは洋梨の香りと甘みがふわりと漂い、そのままスプーンで食べたり、グラスの底にある爽やかな酸味のキウイシロップと一緒に飲んだり、別添えのシャンパーニュ・ポメリーを注いだりと、3つの味わいが楽しめる。

どちらのカクテルも提供期間は11月1日(金)~12月31日(火)。


しっとりと大人の雰囲気が漂うバー<オーク>に登場するのは、国内外で多くのファンを持つ国産ウィスキー「響」。

21年以上の原酒たちを厳選して丁寧にブレンドした「響 21年」は、1ショット3100円(税込・サ料別)。

数種の原酒を匠の技でブレンドした、奥深くまろやかな味わいと、華やかでやわらかい香りの「響 ブレンダーズチョイス」は、1ショット3500円(税込・サ料別)。

年間数千本しか造られない、30年以上の超長期熟成の原酒と手作業ならではの贅を極めた美酒「響 30年」は、1ショット1万4800円(税込・サ料別)。

「響」の味わいを試してみたい人におすすめの、3つの「響」シリーズを飲み比べられる贅沢なテイスティングセット「響 テイスティングセット」は、1万5000円(税込・サ料別)。

これらの提供期間は、11月1日(金)~2020年1月31日(金)となっている。


国内唯一、国指定重要文化財の中に宿泊できる東京ステーションホテルで、大人のひとときを楽しんで。

■「東京ステーションホテル」
住所:東京都千代田区1-9‐1

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事