流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

新しいカタチのいちご狩り!甘くてジューシーな「完熟いちご食べ放題」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


糖度が高くジューシーな「完熟いちご」。皮が柔らかいため、配送時の少しの揺れで痛んでしまうこともあり、スーパーなどではなかなか巡り会えない。

このたび、“大切に育てたいちごを1番いい時に1番いい状態で食べてもらいたい”という農園の思いの元、「完熟いちご食べ放題」が実現することになった。

農園直送の「完熟いちご食べ放題」

2月1日(土)〜5月中旬までの期間、愛知県の「恵比寿楽園テーブル」「YR CAFE by恵比寿楽園テーブル」の両店舗にて、「完熟いちご食べ放題」が開催される。


本イベントでは、愛知県愛西市の農園「あい愛ファーム」「久保農園」が直接配送する「完熟いちご」のほか、


「完熟いちご」を使用したオリジナルクリームで挟んだ「キュービックいちごサンド」、


お口直しの「ポテトフライ」が全て30分間の食べ放題で楽しめる。

「完熟いちご」はなぜおいしい?


スーパーなどに並んでいる一般的ないちごは、実はまだ熟していない。いちごはバナナと同じように収穫してからも色が変化するため、少し緑色の未熟な状態で摘んでパックに詰められている。早摘みのいちごは、見た目は色鮮やかな赤色でも糖度や旨味に欠けるという。

一方、しっかり熟れたいちごは最後の最後まで栄養が果実に入り、糖度が高くジューシーないちごになる。そんな貴重な「完熟いちご」を、「完熟いちご食べ放題」で味わおう!

いちご狩りの新しいカタチ


「完熟いちご食べ放題」の開催時間はランチタイムの11:00〜17:00で、料金は男性2500円、女性2000円、小学生1000円、未就学児500円、3才未満は無料。土日祝は大人のみ+500円となっている。なお、本イベントは、いちごの状態に合わせて販売を終了するのでご注意を。

市場を通さず、朝収穫したものは昼に、昼収穫したものは夜に、農園の手で慎重に運ばれる「完熟いちご」。「Cafe」×「農家」だからこそ実現した新しいカタチのいちご狩りを、この機会に体験してみては。

■「恵比寿楽園テーブル」
住所:愛知県豊明市沓掛町東門26-2

■「YR CAFE by恵比寿楽園テーブル」
住所:愛知県犬山市犬山東古券197-3

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事