流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

うまみがアップ!ヤマキ「めんつゆ」10年ぶりにリニューアル

このエントリーをはてなブックマークに追加


ヤマキは、看板商品である「めんつゆ」を2月20日(木)にリニューアル発売する。1979年の発売以来、多く人に愛される「めんつゆ」は、約10年の研究開発を重ね、さらにおいしく風味豊かになる。

冷たい麺でも温かい麺でも◎


今回のリニューアルにあたりヤマキが調査した結果によると、年間を通して「めんつゆ」でよく作る料理のトップに挙がったのが「麺料理」。さらに麺を食べるときの“つゆ”の重視するポイントは、だしの「香り・風味・だしのうま味」がダントツであった。

この調査結果をもとに、同社は今回のリニューアルで新たに開発した独自原料をブレンドし、鰹節の豊かな香りをアップ。

さらに、うるめいわし節といわし煮干のうま味をブレンドし、深みのあるうま味を感じられるように改良。冷たい麺・温かい麺どちらにも相性がよく、麺以外のどんな料理もおいしく仕上げることができるという。

鰹節使用量が10%アップ!


リニューアルした「めんつゆ」500ml/420円(税抜)は、パッケージデザインを刷新し、鰹節使用量が10%もアップ!


さらに、同シリーズの「お塩ひかえめめんつゆ」500ml/440円(税抜)も、同様のコンセプトでリニューアル。今まで以上にだしの効いた塩分30%カットのつゆとなっている。

温かい麺や煮物が美味しいこの季節。リニューアルした「めんつゆ」で、ぜひ美味しさアップを感じてみて。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事