流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

バレンタインにお煎餅だっていいじゃない!和菓子×チョコレートの競演

このエントリーをはてなブックマークに追加


バレンタインの贈り物に、和菓子はいかが?

岐阜県大垣市に本店を置く老舗煎餅屋「田中屋せんべい総本家六代目」は、1月30日(木)から個性あふれるチョコレートせんべいを発売する。2月5日(水)~14日(金)の期間は、全国の和菓子屋が集う松屋銀座のバレンタインフェアにも出店する予定だ。

味はもちろん粋なネーミングにも注目

今回発売されるのは、創業160年を誇る同店が煎餅屋の歴史と伝統を駆使し、ビターチョコ、ホワイトチョコ、ショコラキャラメルなどを使った豊富なラインナップの煎餅。和歌や都々逸をモチーフにした粋なネーミングにも注目だ。


「ピーナツとチョコレートのお煎餅 かささぎの」5枚入り/2160円(税込)は、表面はパリッと、中は霜柱のような生地にさっくりとした落花生がたっぷり入った煎餅。大人気の「落花せんべい」にビターチョコレート、小麦粉、バター、塩だけで作った生地をのせ、1時間以上焼き上げた。中納言家持の和歌「かささぎの渡せる橋におく霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける」をイメージしている。


「ホワイトチョコとピーナツのお煎餅 しろたえの」3枚入り/864円(税込)は、山部赤人の和歌「田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」をイメージ。ヴァローナイボワールのホワイトチョコレートをまとわせた煎餅は、ミルキーなチョコの風味と落花生のコクに加え、パリパリに香ばしく焼かれた煎餅の食感が楽しめる。


また、フローラルな香りのサンタンデール産カカオのショコラキャラメルを使用し、有機オレンジピールとフランボワーズをアクセントにした「キャラメル煎餅 まつほショコラ」4枚入り/1512円(税込)のほか、

くちびるやひげを型どった、7種類詰め合わせのバレンタイン限定“ノットクッキー缶”「NOT COOKIE NOT LOVE」90g/1944円(税込)などもラインナップしている。

松屋銀座のバレンタイン会場にも個性的な和菓子が集合


同店が出店する松屋銀座のバレンタインイベント会場の一角には、洋菓子ファンからも注目を集める個性的な和菓子屋6店が全国から集結。

「引網香月堂」からは、和菓子として創作したバームクーヘンにヴローナ社のカカオパウダーを練り込んだ「よごと(カカオ)」1本/972円(税込)、


「彩雲堂」からは、ビターチョコレート・白餡・寒天で作った洋風羊羹の「まちねこ」1本/1404円(税込)、


「乃し梅本舗 佐藤屋」からは、山形で江戸時代から続く銘菓「乃し梅」を和の生チョコにのせた「玉響(たまゆら)」6個入/1080円(税込)が登場する。

バレンタインのギフトにはもちろん、和菓子が好きな人への贈り物としてもおすすめだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事