流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

中華とイタリアンの融合!水餃子の皮でイタリア食材を包んだ「3色水餃子」

このエントリーをはてなブックマークに追加


素材や製造方法にこだわり点心の製造を行う「亜細亜食品」と、日本におけるスローフードの先駆者であり、海外にも名の知れたイタリアンレストラン「アル・ケッチャーノ」のオーナーシェフ 奥田政行氏がタッグを組んで、新しい水餃子を考案!

中華とイタリアンの融合「3色水餃子」が、「銀座 飛雁閣」オンラインショップにて販売中なので紹介しよう。

水餃子×ラビオリ

中華の水餃子と、イタリアンのラビオリの共通性に着目した「3色水餃子」は、現在、世界を取り巻いているコロナ渦の中、取り分け大きな被害を受けているイタリアを食の面から応援したい、という気持ちを込めて開発されたメニュー。

緑・白・赤のイタリアカラー

イタリアカラーである緑・白・赤の水餃子の皮を使用し、緑にはイカ・ズッキーニ・ルッコラ、白にはタコ・セロリ・キャベツ・マッシュポテト、赤には、エビ・クレソンといったイタリア食材が包まれている。

化学調味料は一切入っておらず、全体的に優しい味わいなのが特徴だ。

好みの味付けを見つけてみて!

食べ方は、沸騰した鍋に冷凍のままの水餃子を投入し、10~11分茹でるだけ。何もつけなくても美味しいが、オリーブオイルやサルサソース、タバスコなどと合わせて味に変化をつけるのもおすすめだ。また、焼き餃子として焼いて食べることもできる。

ワインとの相性も◎の「3色水餃子」を食べて、中華とイタリアンの融合を堪能してみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事