流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

離れていても美味しさを共有できる新銘菓『KOKUどら』新発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


創業90年の奥三河郷土菓子処「とみかわや」から、濃厚な黒糖の風味を楽しめる新商品『KOKUどら(こくどら)』が登場!6月17日(水)より発売中だ。

菓子は体験を共有し思いを交わすツール

新型コロナウイルスの影響で、親しい人と一緒におやつを楽しむなど、食を通じたコミュニケーションがしにくくなっている一方、オンライン飲み会やお茶会など、通販を利用したギフトは盛んになっているという。

これをうけ、同店では、菓子が従来以上に“体験を共有し思いを交わすツール”として活用されていることに着目。ひとりで食べても、離れていても、おやつの美味しさや楽しさを共有できる菓子を目指して、製造・販売・事務の各部門スタッフが協力して『KOKUどら』を開発。

味はもちろん、キャッチコピーやパッケージの検討など、不慣れなことにも挑戦しながら、食べる人の反応を想像して、わくわくしながら力を合わせ作り上げた同店の自信作だという。

4種の味が愉しめる黒糖どらやき


『KOKUどら』は、黒糖の風味豊かなふわもち食感のどらやき皮に、同店自慢の“あん”とオリジナル“ばたー”を組み合わせた4種の味が楽しめる。

スタンダードテイスト<あんばたー>は、粒あんとほのかに塩のきいたオリジナルピーナッツばたーの相性が抜群。

このほか、こしあんとオリジナルクリームチーズが仲良しの<こしあんチー>、ベリーばたーとドライベリーで贅沢な味わいの<あんベリー>、上品なしろあんと季節に応じて変わる爽やかフルーツ(今回はレモンピール)入りの<しろあんとー>というラインアップ。


同商品は6月17日(水)から、旗艦店「とみかわや杉山店」および「とみかわやオンラインショップ」にて限定販売中。

「とみかわやオンラインショップ」では<あんばたー>2個を含む、5個入セットの通販オリジナルパッケージ1350円(税込)での販売となり、「とみかわや杉山店」の店頭では単品での購入も可能だ。

奥三河の自然や風習を大切にする菓子店


愛知県の「奥三河」で1930年に創業した同店。郷土の自然や風習をモチーフとした商品が多く、なかでも「本宮の森(ほんぐうのもり)」はベストセラー。最近では、疫病退散の願いをこめた「アマビエ様」など、一級技能士の和菓子職人による意匠を凝らした上生菓子も販売しているので、ぜひチェックしてみて。

心を込めて作られた『KOKUどら』で、離れた人と美味しさを共有してみては。

■「とみかわや杉山店」
住所:愛知県新城市杉山字荒井43-9

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。おでかけの際は十分な感染対策のうえ、HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事