流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

「スープで食べる豆乳おぼろ」に話題の味“シェントウジャン”が新登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加


健康素材・豆乳を“飲む”のではなく“具材として食べる”「丸美屋」の人気スープに、話題の味が登場!「スープで食べる豆乳おぼろ シェントウジャン」が、6月22日(月)よりコンビニエンスストアにて発売される。

シェントウジャンとは?

「シェントウジャン(鹹豆漿)」は、台湾で朝食の定番メニューとして親しまれ、日本でも話題となっている豆乳スープ。温めた豆乳に、酢や調味料、干しえびやザーサイなどの薬味を加えて作られており、おぼろ豆腐のように柔らかく固まった豆乳が特徴の一品だ。

スープ&豆乳おぼろの絶妙なハーモニー

そんな「シェントウジャン」を手軽に食べられるのが、今回発売の「スープで食べる豆乳おぼろ シェントウジャン」185円(税別)。なめらかでとろけるような食感の“豆乳おぼろ具材(レトルト)”と“具入りスープ”を入れ、熱湯を注いでかき混ぜるだけで出来上がる。

干しえびの香ばしさと高菜漬けの旨味に、ほんのり酸味の効いた後味の良いスープは、程よくとろける“豆乳おぼろ”によりコクと食べ応えがUP!“豆乳おぼろ”は、好みの大きさに崩しながら食べてみて。

朝食はもちろん、パンやおにぎりなどランチのおともにもぴったりの「スープで食べる豆乳おぼろ シェントウジャン」を、ぜひお試しあれ!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事