流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

日光江戸村イベント『夏の大祓!大江戸・無病息祭!!』2日間限定で夜営業

このエントリーをはてなブックマークに追加


江戸の夜空に打ち上がる、2夜限りの花火を楽しもう!

「江戸ワンダーランド日光江戸村」では、8月1日(土)〜10月31日(土)の期間、『夏の大祓!大江戸・無病息祭(むびょうそくさい)!! 』を開催中。8月14日(金)・15日(土)の2日間には、夜のイベント『灯りの江戸ワンダーランド』が2夜限定で実施される。

夜ならではの催しで幻想的な江戸の町並みを

『灯りの江戸ワンダーランド』は、夜が華やぐさまざまな催しと食事で、日中とは異なる趣を楽しめるイベント。


夜の花魁道中、三味線に踊り、打ち上げ花火など、夜ならではの催しが用意され、幻想的な灯りが浮かびあがる江戸の街並みが楽しめる。

両日とも20時まで営業。2日間限定16時以降の入場料金は、大人2000円/小人(小学生まで)1500円/未就学児は無料。通行手形(1日券・午後割引券)でも入場できる。詳細は「江戸ワンダーランド日光江戸村」スペシャルサイトにて。

夏を元気に乗り越える企画がいろいろ!

このほか、『夏の大祓!大江戸・無病息祭』では、夏を元気に乗り越える企画が目白押し。


「その壱:無病息祭!! 厄除けらりー」は、スマートフォンアプリLINEを活用したラリー。江戸の町で噂される妖怪アマビエの情報を頼りにあまびえを描いて楽しく参加してみて。


「その弐:疫病退散 山車行列」は、現在のさまざまな社会不安がなくなり1日も早く平和な日常が訪れるよう願って、江戸の商家街を練り歩く山車行列。元気の良い太鼓の音を響かせて、江戸人一同と想いを込めて歩こう!


「その参:無病息祭!! 絵付け体験」では、妖怪アマビエのだるま絵付けとぬり絵を体験。想像力を使ってみんなの願いを叶えるアマビエを描こう!

新型コロナウイルスの感染拡大がおさまらないまま迎えた今年の夏。「江戸ワンダーランド日光江戸村」の『夏の大祓!大江戸・無病息祭!!』で元気に乗り越えてみては。

■「江戸ワンダーランド日光江戸村」
住所:栃木県日光市柄倉470-2

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事