流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

「ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ」シリーズに栄養機能食品が登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加


森永乳業が展開する「ビフィズス菌BB536」を配合した「ビヒダス ヨーグルト」シリーズから、栄養機能食品(※)「ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ 鉄分+カルシウム プルーン味」「ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ ビタミンC+ビタミンE レモン味」が登場!9月29日(火)より全国にて新発売される。

「ビフィズス菌BB536」配合

人間の腸内には数百種類、百兆個以上もの細菌が棲んでいるが、その中でも“ビフィズス菌”は健康に役立つ善玉菌の代表格で、おなかの環境を整える働きがある。

「ビフィズス菌BB536」は、森永乳業が、1969年に健康な乳児から発見。50年以上にわたりビフィズス菌、腸内フローラの研究に取り組む同社の「ビヒダス ヨーグルト」シリーズには、全ての商品にこの「ビフィズス菌BB536」が配合されている。

栄養機能食品2種が登場!

今回発売の栄養機能食品「ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ 鉄分+カルシウム プルーン味」は、「ビフィズス菌BB536」に加え、鉄分とカルシウムを配合した、プルーン味ののむヨーグルト。カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素だ。

また、栄養機能食品「ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ ビタミンC+ビタミンE レモン味」は、「ビフィズス菌BB536」に加え、ビタミンCとビタミンEを配合した、レモン味ののむヨーグルト。ビタミンEは、抗酸化作用によって体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助けてくれる。

容量&パッケージのリニューアルも

さらに、同日より、機能性表示食品「ビヒダス のむヨーグルト 脂肪ゼロ」の容量が900gにリニューアル。パッケージデザインも変更されるので、あわせてチェックしてみて。

※:1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が国が定める規格基準に適合した、所定の栄養機能を表示する食品

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事