流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

JAF、2018年度「シートベルト着用状況全国調査」発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

「JAF」が「シートベルト着用状況全国調査2018」を警察庁と合同で実施。調査結果をもとにしたインフォグラフィック「シートベルト着用有無が明暗を分ける」を公式ホームページにて公開した。

「JAF」では、2002年より警察庁と共に「シートベルト着用状況全国調査」を実施。2008年に自動車後部座席のシートベルト着用が義務化されてから10年が経過した現在の着用状況はどのようになっているのだろうか。

今年の調査結果では、一般道路での着用率は運転席での着用率が98.8%、助手席が95.9%だったのに対して、後部座席では38.0%と低く、約3人に2人にあたる62.0%が後部座席ではシートベルトを“着用していない”という結果に。

後部座席のシートベルト着用率は2016年の36.0%、2017年の36.4%から増加しているものの、今なお低い着用率であることが明らかとなった。

一方、高速道路でのシートベルト着用率を調べてみると、運転席は99.6%、助手席は98.5%とそれぞれかなり高い着用率だが、後部座席は74.2%と前の座席に比べて低い着用率。また、前年比では過去最高だった2017年の74.47%から0.2ポイント減少しており2011年以降では初めての減少となった。

では、シートベルトを着用しないと何が起こるのだろうか?「JAF」によると「本人が致命傷を負う」、「同乗者に致命傷を負わせる(衝突の勢いで車内の同乗者にぶつかる)」「車外放出(自動車乗車中の者が車内から車外へ放出される)」などの危険性があることを、“非着用が招く3つの危険”として挙げている。

後部座席だと車外放出するイメージがない人もいるかもしれないが、実際は車が横転した際にサイドドアの窓から投げ出されてしまうケースもあり、非常に危険とのこと。自他含めた安全確保のためにも全席でのシートベルト着用がやはり必要だ。

「JAF」では、こうした調査結果を踏まえて、情報データを視覚的に表現し直観的に分かりやすく図式化したインフォグラフィックを利用し、年末年始の帰省等でクルマを使う機会が増え、交通事故の多発が心配される時期を前に、注意を呼びかけている。

『非着用の危険がひとめで分かるインフォグラフィック』特集ページ
( http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/rearseat/infographic/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事