流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

バナナがたっぷり!サンクトガーレンの新作チョコビール

このエントリーをはてなブックマークに追加


神奈川県厚木市の元祖・地ビール屋「サンクトガーレン」は、1月10日(木)にチョコレート風味のビール4種類を発売する。


通称“チョコビール”として親しまれているが、ビールの原料だけでチョコ風味を引き出したれっきとしたアルコール飲料。ビールに使うベース麦芽は通常85度で焙煎するものの、チョコビールでは約160度の高温で焙煎。焦げる寸前のベース麦芽はダークな茶色で、見た目もまるでチョコレート!


「インペリアルチョコレートスタウト」600円(税別)は、濃厚で飲むチョコレートケーキのような味わい。通常の黒ビール約3倍の原料を使用しているにも関わらず、1回の仕込みで通常ビールの半分程度しか作ることが出来ない、超特濃ビールだ。


2019年だけの限定チョコビール「バナナチョコレートスタウト」500円(税別)は、ビールのベースとなる麦汁をつくる工程で、1本1本手作業で皮をむき細かく切ったバナナ約300kgを投入。その味は、屋台のチョコバナナではなく、高カカオのリッチなチョコレートでつくったワンランク上のチョコバナナをイメージした贅沢な美味しさ。


オレンジピールにチョコレートをコーティングしたお菓子「オランジェ」彷彿とさせる「オレンジチョコレートスタウト」500円(税別)は、マーマレードの原料である橙オレンジを皮ごと細かく刻み、ジャムをつくるように長時間煮込んだビール。ぎゅっと濃縮された柑橘の苦みが特徴だ。


エスプレッソのように濃厚な黒ビールにバニラの香りを溶け込ませた「スイートバニラスタウト バレンタインラベル」429円(税別)は、一流パティシエも使用するパプアニューギニア産のAグレードバニラを使用。飲み口は甘くまったりで、後味はバニラチョコのよう。このビールのみ唯一通年で販売しているが、この時期だけのバレンタインラベルが本数限定で登場するのでお見逃しなく。

いずれも全国の主要百貨店(一部除く)のお酒売場で販売を予定しているほか、1月11日(金)~20日(日)の期間に東京ドームで開催される「ふるさと祭り東京2019」では、チョコビール4種類の樽生を飲むことができる。

新しい年の幕開けに、いつもとひと味違ったビールを召し上がれ!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事