流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

日本茶にハーブをブレンド!日本茶ソムリエが提案する新しいお茶の世界

このエントリーをはてなブックマークに追加


緑茶、和紅茶、ほうじ茶などの伝統的な日本茶に、ハーブを配合したブレンドティー「Anytime Teatime」が登場!ながさき百貨店オンラインショップで発売中だ。

長崎発の“新しい日本茶”


「Anytime Teatime」は、世界緑茶コンテストで金賞を受賞した日本茶ソムリエである小川孝行氏がプロデュースする日本茶ブランド。

古くから、さまざまな異国文化や物資が行き交う街として発展してきた長崎で作られた“新しい日本茶”ともいえる同商品は、現代の多様な生活スタイルにも自然と寄り添う味を目指しているという。決して特別ではなく、日常になじむお茶となってくれそうだ。

伝統的な日本茶に厳選ハーブをブレンド


今回は、ベースとなる日本茶5種と、それらにハーブを配合したブレンドティー13種を展開。香料は一切使用せず、素材の持つ味・香りを最大限に活かしている。

ベースが日本茶のため、個性を感じつつも毎日飲める飽きのこない味で、スッキリしたい朝やリフレッシュしたい午後、夜の安らぎタイムにもぴったり。


深みのある抹茶入り緑茶に、ジャスミンとラベンダーをプラスした<緑茶×ジャスミン×ラベンダー> 864円(税込)、


香り高いほうじ茶に、清涼感を持つペパーミントとスペアミントをブレンドした<ほうじ茶×2種のミント> 864円(税込)のほか、


爽やかな緑茶に、すっきりとした清涼感のレモングラスを配合した<有機緑茶×有機レモングラス>864円(税込)、


古くから生薬として使用される生姜をブレンドした<緑茶×生姜>864円(税込)などの、豊富なラインアップから選べる。

「Anytime Teatime」のお茶はすべてティーバッグ方式。味のバラつきがなく、家庭や職場・アウトドアなど、どんなシーンでも同じ風味を楽しめるのが嬉しい。

日頃のリラックスタイムのアップデートにはもちろん、贈りものとしても喜ばれそうだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事