流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

“のこりもの”で染色!メイドインジャパンの繰り返し使えるエコラップ

このエントリーをはてなブックマークに追加


企画実⾏⽀援を通じて、働くヒトのチカラの最大化を目指す「アイクリエイト」は、新しいライフスタイルをつくる企画コミュニティ「Planners(プランナーズ)」のプロジェクトとして、5月13日(水)よりエコラップ「good wrap!(グッドラップ)」の販売を本格スタート。

同プロジェクトは、国連WFP協会の「飢餓撲滅とフードロス削減」への取り組みに賛同していて、商品1枚ごとに1食分の給食代を国連WFP協会への寄付する。

エコラップで脱プラスチックを目指す

地球規模で脱プラスチックが課題となり、世界のスタンダードになりつつある“フードラップ”だが、日本ではまだ認知度が低い。

そこで「Planners」では“サステナブルな未来のための新常識”をつくりたいという想いを込めて、メイドインジャパンにこだわったエコラップ「good wrap!」を企画した。

1枚で3役をこなす


「good wrap!」は、“保存・持ち運び・サーブ”と1枚で3役をこなし、洗って繰り返し使える。普通のラップの代わりとして、食材をくるんだり、一時的なフタにしたり、ビニールの袋の代わりにしたりなど、幅広い使い方が可能だ。

材料はすべてメイドインジャパン

材料はすべて日本国内で製造しているメイドインジャパン。原材料は、オーガニックの綿もしくは麻100%の布地で、みつろう・無添加ホホバオイル・天然樹脂でコーティングをしており、抗菌作用もある。

食品や植物木材の「のこりもの」で染める


染色は、食品や植物木材の使わない部分から抽出した色素で染める「のこり染」を採用。料理家を中心としたインフルエンサーの声をもとに商品企画しているため、毎日使いたいこだわりのデザインも魅力のひとつとなっている。

繰り返し使える!

使い方も簡単。ラップには粘着性があり、手の温かみで柔らかくなるので、野菜などの食材を包んで保存が可能。使用後は洗って、何度も繰り返し使用できる。

1枚1枚手づくりで、必要なだけを製造する「good wrap!」。サステナブルな製品を取り入れて、環境に優しい生活をしてみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事