流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

台湾の人気屋台グルメを神戸南京町で味わおう!ケンミン直営店に新メニュー登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


台湾の人気屋台グルメが、神戸南京町で味わえる!

神戸創業のビーフンメーカー・ケンミン食品の直営店であるビーフンと焼小籠包の専門店『YUNYUN(ユンユン)神戸南京町店』にて、新メニュー「台南担仔(タンツー)ビーフン」が7月6日(月)より販売中だ。

ビーフンと焼小籠包の専門店


ケンミン食品のアンテナショップとして、1985年、神戸南京町で開業した『YUNYUN(ユンユン)神戸南京町店』。2017年には台湾フードや中華点心を楽しむ「ビーフンと焼小籠包の専門店」としてリニューアルした。


点心師など職人による手包みと焼きたての実演あり、スタイリッシュ立ち食いありと、本場以上の中華街を楽しめるのが同店の魅力。ケンミン食品秘伝の焼ビーフンや、1日5000個焼き上げる焼小籠包が名物だ。

台南伝統の人気料理「台南担仔(タンツー)ビーフン」

「台南担仔(タンツー)ビーフン」は、台湾南部の町・台南発祥の有名な台湾屋台料理のひとつ。“食は台南にあり”と称される台南は1895年まで台湾の中心地であり、中国やオランダなど異国文化が流れる街として知られる。

そんな台南を代表する同メニューを、今回『YUNYUN(ユンユン)神戸南京町店』にて発売。

じっくりと10時間以上かけて煮込んだ、豚骨と鶏ガラがベースのあっさりながらもコクのある白湯スープに、米100%の香り高いビーフンを合わせ、そぼろ・煮卵・ニラ・もやしをトッピング。そぼろの旨みが白湯スープに溶け出し、奥深い味わいが楽しめる。

「台南担仔(タンツー)ビーフン」は400円(税込)。本場台南の焼きビーフンの味を、神戸南京町の異国情緒とともに楽しんでみてはいかが。

■『YUNYUN(ユンユン)神戸南京町店』
住所:兵庫県神戸市中央区栄町通1-3-17

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。おでかけの際は十分な感染対策のうえ、HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事