流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

折り紙ヒコーキ協会公式通販サイト『ORIPLANE』がオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加


「折り紙ヒコーキ協会」のオリジナル商品を販売する公式通販サイト『ORIPLANE』が、7月7日(火)よりオープンした。

折り紙ヒコーキ協会のオリジナル商品を販売

「折り紙ヒコーキ協会」は、広島県福山市で精密部品の製造販売を行う「キャステム」の代表取締役が会長を務める団体。


同協会は、福山市の「紙ヒコーキ博物館」や、神石高原町の紙ヒコーキを飛ばすための展望台「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」の建設をてがけたほか、紙ヒコーキの著書も数々出版するなど、紙ヒコーキの楽しさを多くの人に伝えている。

今回オープンした『ORIPLANE』では、折り紙ヒコーキに特化したオリジナル商品を扱う。

ここでしか買えない限定品も


同協会が出版している『ORIGAMI PLANE』は、書店などでは取り扱いのない同サイト限定品。さまざまな折り図や公式大会のルールなども収録しており、紙ヒコーキのことを深く知ることができる。


このほか、今年発売の書籍『ザ・10回折り おり紙ヒコーキ』、ホリエモン・ロケットにも搭載されたうちゅう扇が付録の『飛べとべ、紙ヒコーキ』、YouTuberはじめしゃちょー氏の動画でも紹介された『体験!世界一の紙ヒコーキ』など計27種類を販売予定。


また、紙ヒコーキが上昇していく姿に、“何事にも「常勝」できるように”という想いを込めた限定品『常勝気流ストラップ』などのストラップ8種も販売予定。

競技専用の用紙「バガス紙」


さらに同サイトでは、折り図の入った用紙を含む計17種類の折り紙を販売予定。

なかでも、沖縄県宮古島のサトウキビの搾りカスから同協会が製作した“バガス”を使用した「バガス紙」は、折り紙ヒコーキを作る上では欠かせない競技専用の用紙。地中の微生物により分解され自然に戻る性質を持っており、リサイクル用紙でありながら滑らかな質感をもつのが特長だ。

同協会会長の戸田拓夫氏が持つ紙ヒコーキ滞空のギネス世界記録29.2秒を出したのもこの用紙なのだとか!

さらに同サイトでは、紙ヒコーキに特化した商品やミニチュア工具セットシリーズなど多数販売予定なので、今後もお楽しみに。

「折り紙ヒコーキ協会」公式通販『ORIPLANE』で折り紙ヒコーキの本や専用用紙を手に入れて、遠くまでヒコーキを飛ばそう!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事