流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

鮮明な録画で安心!ストラーダ連携の”前後2カメラ“ドライブレコーダー

このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックが、SDカーナビステーション「ストラーダF1X PREMIUM10」専用のドライブレコーダー「CA-DR03HTD」を10月中旬に発売する。

被害者も加害者も“もしものために”

6月30日(火)に妨害運転(あおり運転)に対する罰則が創設され、被害者・加害者、両面での自衛手段として、車両の前後方を録画するドライブレコーダーのニーズが高まっている。

「CA-DR03HTD」は、視界を邪魔しない小型の広視野角2カメラで、車両の前後方を同時にフルHDで録画できるのが特徴。ストラーダ10V型有機ELモデルとHD-TVI接続により、パナソニック従来品と比較して約2.6倍の表示解像度、HD画質で前後方の録画映像やリアルタイムの後方映像をカーナビ画面に表示。

有機ELの高精細な大画面で鮮明な映像をすぐに確認することができる。

幅広く使える機能を複数搭載

また、後方からのあおり運転の確認やルームミラーの補填に使用できる「ワンタッチ後方ビュー」機能、リバース連動でバック時に目視を補助する「リバース後方ビュー」機能を搭載。カーナビ連携専用機能でドライバーの後方視界もサポートする。

なお、連携カーナビは「CN-F1X10BLD」「CN-F1X10LD(F1X PREMIUM10)」の2種類。

駐車録画機能で駐車時も安心

カメラにはF値1.4の明るいレンズを採用。夜間にヘッドライトが当たらない範囲も鮮明に録画することができる。振動を検知して録画を開始する駐車録画機能も搭載し、視界の悪い夜間の走行時や駐車時にも安心だ。

またドライブレコーダー搭載を車外に認知させるオリジナルステッカー付きで、あおり運転の防止にも役立つ。

パナソニックのドライブレコーダーで、安全・安心で快適なドライブを。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事